CAROLINADISCO

WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!! WELCOME TO OUR WORLD!!

Produced by hidenori Ishiksawa Produced by hidenori Ishiksawa

CONCEPT

No. 1 : 自分の髪を “ 好きに ” なって欲しい。
アナタは自分の髪を好きですか?髪質を無理なく活かし利用すれば、イイ髪質に必ず出会えます。無理して髪質に合わない髪型をし、セットも難しくなり、それによって髪が傷めば、自分の髪を好きでは無くなってしまうでしょう。- CAROLINADISCO - では、一生付き合う、自分の髪を好きになってくれることを目指します。
No. 2 : 『 人は動く。そして髪も動く。』それを想定しています。
髪の毛が一定の箇所でとどまっているのは、その人が動いていない時です。日常で動いていない時などなく、常に様々な動きをしています。分け目をあいまいにしたり、結んだ時の落ち髪を計算したりと、“ 日常的な動きに髪の毛がついて来る。” ということを想定しています。髪に合わせて人が動くのであれば、それは “ 髪硬 ” です。
No. 3 : 髪そのものを柔らかくします。
髪の毛は使っているもの次第で柔らかくも、硬くもなります。つまり、髪の柔らかさはコントロール出来るということです。シャンプー・コンディショナー・トリートメントは、髪との相性とそれらの組み合わせによって、その結果に大きな差が出ます。これら、毎日使うモノを変えるだけで、毎日柔らかく過ごせるでしょう。柔らかく過ごすための “ 適正なモノを選ぶ目利き ” を
- CAROLINADISCO - は持っています。
No. 4 : 色素を薄くするカラー。
- CAROLINADISCO - の定番カラーで、薄く、白く、くすんだような茶色のこと。“ 色素薄め ” のあの柔らかい色。生え際のウブ毛のような、明るくはないけど、透明感のある感じ。ヨーロッパっぽさを連想させるような、お肌に馴染みのイイ、グレーのようなベージュのような、暖色系でも、寒色系でもなく、敢えていうなら、“ グレー系 ” といったところでしょうか。その名を WhiteBrown と
- CAROLINADISCO - では2008年10月に命名しました。
流行に流されず、どんな肌色にも合う、どんな肌色にも馴染む、気持ちの良いカラーです!
No. 5 : 髪質を ” 生かす ” のが髪型です。
髪型が似合っていないのは、“ 髪質・毛汚れ ” を無視しているからです。顔とのマッチングだけではありません。肌色を無視したファンデーションを選んでいるようなものでしょう。『その素材をいかに利用できるか?』を知っているということ。それらの素材を見極めるのも美容師側の仕事と考えています。
No. 6 : ” 柔らかさ ” の追求。
やっぱり女性の髪は、柔らかい方が断然イイですね! - CAROLINADISCO - では、どの髪型にも柔らかさをプラスします。柔らかさの秘訣は、カット技術・適正なシャンプーとトリートメント。この2つで、必ず結果が出ることを約束します。
No. 7 : 毛束感。
欧米人によく見られる毛束感。例えストレートな髪でも毛束感があれば、その動きだけでも十分良くなります。この質感は、どの髪型にもあてはまる、- CAROLINADISCO - の定番的質感です。独自開発の “ GaugeStick ” で作り上げていきます。